アントマンを見ました。いや~面白かった。

先日レンタル屋さんで借りてきて『アントマン』を見ました。 面白ければいいなぁ程度で借りてきたので、ちょっとビックリでした。 感想は「いや~面白い。」 さすがアメコミって感じですね。 なるほど、そうなるのか・・・とか思いながらの2時間でした。 劇中ではあのマイケル・ダグラスが博士役で登場します。 「ええ~!?マイケル・ダグラス??まじで!?」 と、一人…

続きを読む

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ|二人のGenius

ジュード・ロウ、コリン・ファース、ニコール・キッドマンの豪華共演で送る原題『Genius』。 邦題『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』がいよいよ10月に日本で公開されます。 二人のGenius(天才)について 物語は数々の天才を発見してきた名編集者のマックスウェル・パーキンズ(1884年~1947年)の伝記本が元になっています。 パーキンズはアーネスト・ヘミン…

続きを読む

リオ五輪どうなる?ロシア選手の危機と恐怖!

リオデジャネイロ・オリンピックまで残りわずかですね。 今回のリオ五輪に出場できないロシアの選手が8人加わり、合計で114人になりました。 開幕まで残り僅か(わずか) 2016年8月5日から8月21日までブラジルのリオデジャネイロで開催される第31回夏季オリンピックです。 ブラジル国内また南アメリカ大陸でのオリンピック開催は今回が初めてです。 そんな中、浮上し…

続きを読む

隻眼の虎でチェ・ミンシクさんと大杉漣さんが共演する

2016年10月にいよいよ日本公開! 邦題『隻眼の虎』、原題『대호(デホ)』日本語に訳すと『大虎』です。 あらすじ 時は1925年、日本の植民地時代の朝鮮半島。 朝鮮で最高の猟師と言われたチョン・マンドク(チェ・ミンシク)が天職にもかかわらず、ある事をきっかけに銃を置かなければならなかった。 そんな父の姿を不満に思っていた息子のソク(ソン・ユビン)。 …

続きを読む

恐怖映画で涼しもう!ネタバレしません。

暑い夏にピッタリなのが、怪談話、恐怖映像ですよね。 ですが、またまた映画で本当に申し訳ない。 次の機会にでも怪談は取り扱うかな・・・考えます。 おすすめしたい作品が多すぎて・・・。 恐怖映画って、いっぱいあるので、あれもいいなぁ。 これも捨てがたいなぁって、悩んじゃうわけですよ。 『サイコ』『エクソシスト』『ポルターガイスト』『オーメン』etc。 もうあ…

続きを読む

表現と芸能についての話|映画・音楽・小説・写真etc

表現について 日常生活でも多く『表現』されていますよね。 一概(いちがい)に表現と言っても様々です。 芸術を通しての表現。 相手を気遣っての表現。 自分の思想などを盛り込む表現。 まあ、あげたらきりがないんですけどね。 例えば日常生活で相手を思いやって「行きたいんだけど・・・ごめんね。また誘って。」 などは『行きたい』と思う気持ちはあると相手に伝えて、嘘はつか…

続きを読む

この映画は見てくれ|プリデスティネーション

SF映画などでよく用いられる手法『タイムパラドックス』ですね。 でも以前はそんな言い方しませんでしたよね? 『タイムトラベル』『タイムスリップ』『タイムワープ』『タイムトリップ』・・・。 私の小さい頃は『タイムトラベル』かな・・・。 そうです、『時間旅行』ですね。 『タイムトリップ』なんていうのも『時間小旅行』って感じです。 『タイムスリップ』は時間と空間を超越して、…

続きを読む

木嶋のりこさんのベッドシーン|屋根裏の散歩者

これまでに何度も映像化されてきた江戸川乱歩原作の『屋根裏の散歩者』。 映画ではフルヌード経験ありの木嶋のりこさんですが、今回の作品では初の濡れ場があります。 しかも「私は布団すらないベッドシーンだったのが許せなかった。」と本人も初日舞台挨拶でおっしゃっています。 屋根裏の散歩者とは この作品は江戸川乱歩の初期の頃の作品です。 大正14年6月に自宅で執筆されました。 …

続きを読む